h9-b1-600-1.JPG
  • h9-b1-600-1.JPG
  • h9-b1-600-2.JPG
  • h9-b1-600-3.jpg
  • h9-b1-600-4.JPG
  • h9-b1-600-5.JPG

ヒマラヤ水晶原石クラスター  ピンク系 [3] バドギ産 

70,000円(税込)

ヒマラヤ水晶の希少なバドギ産で、結晶にヒマラヤの土壌の鉄分付着しているため、
ややピンク系に見えるクラスターです。
特徴のある形状で、メインになる大きめの結晶が中心に来てバランスが良く重量もあり、
土台部分もしっかりしており、安定感があります。アクセサリーもかけやすい形状です。
結晶の根元部分には鉄分が多く付着しており、明るい光にかざすと、ややピンク系に見え、
優しい印象を受けます。光線の加減で色調も微妙に見え方変わるのも魅力的です。


<ご注意>
お使いのモニターやパソコンにより、実物の商品とは多少異なってみえることがあります。 あらかじめご了承ください。
サイズ: 約13㎝×11㎝  高さ約11㎝
重さ: 約1,081g
産地: インド共和国  ヒマラヤ山脈  バドギ産

ヒマラヤ水晶とは

近年、採掘量が減少しているため、大変稀少になってきているヒマラヤ山脈の水晶原石のクラスター(群晶)です。ヒマラヤ山脈は、古代から神聖な場所とされており、自然保護のため、ダイナマイトの使用が禁止されています。そのため、この水晶は高度約4000メートルのヒマラヤ渓谷で、全て手で掘り出され人力で担ぎ出されてくるので、大変貴重なものです。

このように、ヒマラヤの水晶クラスターは稀少価値が高く、天然の原石群晶なので同じ形がない、まさしくオンリーワンの水晶です。ヒマラヤらしく、他の鉱物も少し付着しており、大変長い年月をかけて大自然の中で成長してきた力強さを感じます。

ヒマラヤ水晶の採掘

himalayan_crystal_image-s5-300.jpg古代から伝説のパワースポットとしても有名な秘境ヒマラヤ山脈(インド~ネパール)の渓谷(インド側)から採れるこのヒマラヤ水晶。

一体どのように採掘されるのでしょうか?

ブラジルなどの大産地では、水晶採掘の為にダイナマイトで爆破して破片を集めるのですが、ヒマラヤの山々は自然保護のため、ダイナマイトの使用が禁止されています。

そのため、この水晶は高度約4000メートルのヒマラヤ渓谷で、全て手で掘り出され、人力で担ぎ出されてくる、大変貴重なものです。


himalayan_crystal_cluster_s1-300.jpg・採掘現場です。このように、険しい渓谷に降りて、すべて手で掘り出すので大変な作業です。かついで持ち帰るのも、とても大変です。


himalayan_crystal_cluster_s2-300.jpg ・ヒマラヤは、とても険しい山々です。気象条件から、1年のうちで数回くらいしか登山と採掘できる条件が整わないそうです。その上、近年では、自然保護のため、採掘制限もあるため、わずかしか採掘できないてため、とても希少価値が高くなっています。

・採掘現場です。このように、険しい渓谷に降りて、

すべて手で掘り出すので大変な作業です。

かついで持ち帰るのも、とても大変です。


himalayan_crystal_cluster_s4-300.jpg・こんな岩盤の中から、採掘されます。


ヒマラヤ水晶 ピンク系 [バドギ産]商品一覧