ルチルクォーツ・ペンダント No.2  拡大写真

ルチルクォーツ・ペンダント No.2
「ルチル」とは、二酸化チタン鉱物の一種で、針状で水晶の中に混入して生成することがあり、
これを「ルチルクォーツ(針入り水晶)」と呼んでいます。

レッドルチルは、水晶の中に赤い針が混入しているとても珍しい石です
石伝説では、一般的なルチルの力とされる直観力や判断力に加えて、愛の力も高めると言い伝えられています。
ルチルクォーツ・ペンダント No.2 拡大写真-2

表側の拡大写真です。
大きさは、小粒の雫形のペンダントですが、太いはっきりしたややオレンジがかった赤い針がいくつも入っており、とても印象的でパワフルな印象です。光の加減で微妙に色合いが変化して神秘的です。


 

おすすめ! 稀少!  レッドルチルクォーツ    原産地:インド共和国

サイズ:長さ約1.6㎝,幅約1.4㎝,厚み約0.4cm  (サービスチェーン付-銀メッキ 長さ45㎝)

 

<ご注意>
画像の色合いにつきましては、お使いのモニターやパソコンにより、画像の見え方が異なる場合がございますので、実物の商品とは多少異なることがあります。あらかじ めご了承くださいますようお願い致します。

 

 

お問い合せはこちら
TEL:0263-64-2076 FAX:0263-64-3783